単純接触効果(たんじゅんせっしょくこうか)

 

1968年、アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスの論文 Zajonc (1968)で知られるようになった。
ザイアンスの単純接触効果、ザイアンスの法則とも呼ばれ、最初のうちは興味がなかったり苦手だったりしたもでも、何度も見たり、聞いたりすると、次第に好意的になってくるという効果。

例えば、よく会う人や何度も聞いている音楽は好きになっていく。
これは、見たり聞いたりすることで作られる潜在記憶が、印象評価に誤って帰属されるという、知覚的流暢性誤帰属説で説明されている。

知覚的流暢性誤帰属説とは、ある刺激に接触し続けることで刺激への親近性が高まる。この親近性の高まりが刺激自体への好ましさに誤帰属されると言う理論。
ただし、単純接触効果が起きるには条件があって刺激の不確実性が最大のとき効果も最大になるとされている。(既知感が強すぎると飽きてしまう)

図形や、漢字、衣服、味やにおいなど、いろいろなものに対して起こる。
広告の効果も、単純接触効果によるところが大きい。CMでの露出が多いほど単純接触効果が起きて、よい商品だと思ったり欲しくなったりする。

The following two tabs change content below.
仲村 健 (なかむら たける)

仲村 健 (なかむら たける)

メンタリズムを学ぶ「スリーコールライン」のメンバー。 心理学をベースに、運動力学や催眠療法などを織り交ぜて生み出された人の心をコントロールする技術『メンタリズム』を学び、実践することで「仕事」、「人間関係」、「恋愛」などに生かしながらドキドキ楽しい毎日を過ごすことを目指します!
仲村 健 (なかむら たける)

最新記事 by 仲村 健 (なかむら たける) (全て見る)